テンカラ.net 吉茸の釣り日記

テンカラ.net 吉茸の釣り日記では渓流の和式毛鉤釣りを中心について釣りの情報を紹介します。

*

2016年4月8日 近所の川

   

「あけましておめでとうございます。」
4月になってあけましておめでとうございますもないですよね。
でも渓流の釣りが好きな釣り人にとって渓流釣りが始める解禁日はお正月の元日のようなもの。
そういう理由でだいぶ遅くなりました渓流釣りに出かけてきました。
なんとか2016年のシーズンもスタートすることができました。

さて、そんな2016年初めての渓流釣りですが出かけた場所はここ数年ホームグランドのようになっている近所の川。
里川なのでターゲットは山女魚。
あと小渓流なのでサイズのアベレージも小ぶりです。

現地には正午過ぎに到着。
まず最初に2016年分の入漁券を購入してから入渓。
めぼしい所には平日ですが釣り人が入っています。
みなさん放流の虹鱒狙いみたいです。

ちなみに昨年はこの川には1回釣りに来ただけ。
今まで入ったことがある場所の状況を確認していくつもりでポイントをいくつか釣りあがってみます。

そういえば今日は珍しく餌釣りとテンカラの二刀流。
昨年下流や海の小物釣り用に購入した渓流竿をまだ使っていないので使ってみようかなと思って今回は持ち出してきました。
渓流で餌釣りをするのも楽しいですよね。
でも個人的には、毛針の方が手返しが早いし、あと汚れものもすくないのでいつもは毛鉤ばかりなんです・・・・

せっかくの新しい竿を使いたいので最初に餌釣り仕掛けで堰堤下などの大場所を攻めてみます。
反応のあるけど餌が小さくなって無くなるだけ・・・・
きっと餌のサイズが大きいんですよ。
まっ、この川は釣れる平均サイズが20㎝ないのですから。

魚が釣れないと楽しくないので途中でテンカラに変えます。
最初に釣れたのはアブラハヤ。
君じゃないくてパーマークの付いた魚を釣りたいんだけど。
でも、とりあえずボウズじゃなくなって一安心!?

その直後に山女魚が付いていそうな流れ込みのポイントを発見。
何度か毛鉤を打ち込んでいくと山女魚が反応。
ただ、結構シビアなのか毛鉤を見切って戻って行きます。
ここはまた次回に来た時に攻めてみることにして別のポイントへ。

そんな感じでとりあえず川を行ったり来たりしていると暗くなってきました。
ぼちぼち今日の釣りもおしまい。
とりあえず2016年最初の渓流釣行も無事終了。
魚と遊んでもらって気がついたら納竿でした・・・・

 - 2016年釣行 , , ,